男性保育士によくある退職理由

男性保育士TOP >> ここは押さえよう >> 男性保育士によくある退職理由

男性保育士によくある退職理由

保育士は離職率が高い職業の一つです。というのも、保育士は女性が多いので、結婚・出産・育児などによって離職してしまう方が多くいます。公立の保育園であれば産休・育休などによってふたたび職場に復帰することができますが、私立では難しさを感じる人も多くいます。一方で、男性保育士の離職率は女性ほど高くはありません。それでも離職したいという方もいます。では男性保育士の離職の理由には、どんなものがあるのでしょうか。

男性保育士が離職する大きな理由の一つが給料です。保育士全体の平均年収は320万円ほどなのですが、私立に限ればこれよりも低い年収で働いている男性保育士はたくさんいます。この年収は新卒の給料としては一般企業と同じくらいですが、数年・数十年働き続けた場合には大きな差が出てきます。

30歳前後まで働き続けた場合には、一般企業で働いていた方が良い給料をもらっているということは珍しくありません。自分の子どもを含めて家族を養うためには、320万円前後の年収では厳しいと考える男性保育士も多くいます。そこで、男性保育士という職業をやめて別の職を探すという人も出てきてしまうのです。

男性保育士の別の退職理由は、仕事量です。男性保育士は一つの保育園に一人いるかいないかという貴重な存在です。男性であるがゆえに頼られたり、期待されたりします。力仕事などを多く任されることも多く、やりがいを感じる人もたくさんいます。その一方で、あまりに多くの仕事を任されてしまうために疲れ切ってしまう人も少なくありません。一日や二日であれば問題ありませんが、一年、二年と続くと耐えきれずに辞めてしまうことになるのです。

近年問題になっている別の理由が、保護者からの理解不足です。例えば男性保育士に女の子のおむつを替えてほしくない、抱っこをしないでほしいといったクレームが来ることがあります。これは男性保育士が直面する大きな問題です。確かにまだ一般的には保育士といえば女性の仕事であり、男性保育士に拒否反応を示す保護者がいることも理解できます。これから男性保育士が増えていくことを望むのであれば、保護者と男性保育士とのコミュニケーションを円滑にして、保護者の理解を求めていくことが重要でしょう。

男性保育士が離職する理由には、他にも人間関係や保育方針が理想とは違ったといったものがあります。人間関係や給料の面で就職後に悩まないように、今からしっかりと調査をして、がっかりしないようにしておきましょう。

男性の保育士の求人も豊富!転職サイトランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ★★★★★ 詳細


 >> 男性保育士転職サイトランキングをもっと詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 男性保育士.com【※理想の転職を叶えよう】 All Rights Reserved.